北広島町八幡で積雪200センチを観測

1月6日の広島県内では、強い冬型の気圧配置で県内5カ所で今シーズン最低気温を更新した。県北では積雪が2メートを記録した。雪は深夜から降り始め、広島市内でもいたるところ雪化粧となった。県北では連日の大雪で、吹雪が続く庄原市高野では午前11時現在、101センチの積雪を観測した。このほか北広島町八幡で200センチ、大朝では81センチの積雪となっている。(HOME)




20180206124046391.jpeg
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告