三次の天神トンネルで車同士が多重事故1人死亡

2月4日夕方、三次市の国道のトンネルで軽トラックとマイクロバス、さらに乗用車が立て続けに衝突する事故があり、軽トラックを運転する男性が死亡した。事故があったのは三次市布野町の国道54号にある天神トンネル。警察によると、4日午後5時15分ごろ、北進する軽トラックと対向車線を走るマイクロバスが衝突、そのはずみで軽トラックの後ろを走っていた乗用車が軽トラックに追突した。この事故で軽トラックを運転していた井上博明さん68歳が死亡。同乗していた井上さんの妻も首の骨を折る重傷。マイクロバスと乗用車の運転手や同乗者は軽傷だという。警察は軽トラックが反対車線にはみでたとみているが、事故当時トンネル内は一部凍結しているところがあり、滑った可能性もあるとみて事故原因を調べている。(RCC)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ