呉の木造アパート1室が火事53歳男性が遺体で見つかる

2月5日、呉市のアパートの1室が全焼する火事があり、この部屋に住む53歳の男性が遺体で発見された。5日午前8時ごろ、呉市広両谷1丁目で付近の住民から「住宅の屋根から白煙が出ている」と消防に通報があった。火は約2時間後に消し止められたが、木造2階建てアパート約60㎡を半焼した。この火事で、焼け跡から男性の遺体が見つかり、その後、この部屋に1人で住む角戸輝彦さん(53)と判明した。警察は死因や出火の原因などを調べている。(TSS)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告