日教組研修会「15年戦争」広島の小学校教師が児童に刷り込む

静岡県で開催中の日教組教研集会は、2月3日も各分野で教員による授業実践報告や意見交換が行われた。偏向的な授業などで問題視されることが多い社会科教育では、戦前の日本軍の加害性をことさら強調する「15年戦争」史観による授業報告があったほか、郷土への誇りや愛情を育むことを疑問視したり、明治150年の祝賀ムードを批判的にとらえたりする声も上がった。

広島県の小学校男性教員は、先の大戦を通じた平和教育などに関する授業実践を報告。中国側の資料に基づいて日本軍による中国での爆撃や被害の様子を説明したり、現在の小学校の教科書には出てこない15年戦争という用語を使って、昭和6年の満州事変から20年の大戦終結までを一連の戦争としてとらえ、15年も続いた理由などを考えさせたりする授業を実施していた。

15年戦争という用語は、満州事変から大戦終結まで戦闘行為の継続性が認められないため一般的ではなく、児童にも誤解を与えかねない。

また、この教員は領土教育関連で、中国公船による日本の領海や接続水域への侵入が常態化している尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「(帰属の)正当性を主張するよりも、互いに手を出せない状況を作り出すことが大事だ」などと指摘した。

郷土愛を育む授業への批判も相次いだ。千葉県の小学校男性教員は地元のインフラ整備などに尽力した偉人を取り上げ、児童の郷土への誇りと愛情をはぐくんだ授業実践を報告したが、複数の教員から「突き詰めていくと現状を肯定する危険性がある」「社会の矛盾や格差、搾取、支配者の狙いなども気づかせるべきだ」といった授業手法への否定的な声が相次いだ。

幕末に関する授業を報告した佐賀県の中学校男性教員は、明治150年の祝賀ムードについて「『明治維新は素晴らしかった』と刷り込まれてしまう」と苦言を呈した。幕末の対米条約交渉で幕府側がみせたとされるしたたかな態度に絡め、「現政権にも見習ってほしい」と安倍政権の対米外交を揶揄する一幕もあった。(産経)

関連記事

スポンサーリンク



Comment

No title
編集

公務員に就職しただけのアホ

民間企業で死ぬほど働いて物言えって感じ

アホの集まり
2018年03月01日(Thu) 23:50
No title
編集
地元のインフラ整備に尽力した偉人を紹介する千葉県の教員や、日本が世界に開国し独立国への道を歩む原点となった幕末・明治維新の授業を取り上げた佐賀県の教員は、本当に日本の教員の鑑ですね。

それに引き換え、広島県の教員は、相変わらず酷いですね。
日中戦争や太平洋戦争を、15年戦争と言い換えたり、根拠に乏しい中国の改竄資料に基づいて、反日教育を生徒たちに擦り込んでいる事例を発表するとは呆れます。
中国は、歴代王朝、歴代政権が都合の様いように歴史を書き換えてきたので、中国の資料は信ぴょう性に乏しいことは歴史学の常識なのに・・・

何で、こんな広島県の教員の様な国賊が批判されないのか、不思議ですね。

広島出身の一人として、こんな人間の屑、社会のゴミが、税金泥棒しながら、無垢な生徒たちを洗脳している現状を見ると、悲しくなります。

広島でも、中産階級以上の良識ある親は、私立学校へ子どもを通わせます。
経済的に恵まれない家庭の子どもは、公立学校に通わざるを得ないので、極左ファシストの日教組のクソ教師によって、偏向教育で洗脳され、学級崩壊やいじめが蔓延る劣悪な教育環境に放り込まれます。

日教組の教員は、全て公職を解任し、広島から追放して欲しいと心から願います。
2018年02月04日(Sun) 21:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL