「反社会勢力ではない」嘘を記載して308万円の車を購入した共政会尾崎組組員

広島西署などは1月31日、広島市中区堺町2丁目、指定暴力団共政会尾崎組組員竹嶋幸太郎容疑者(44)と安芸区矢野東6丁目、飲食店経営吉村真輔容疑者(31)を詐欺の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は2人は共謀。2016年10月21日ごろ、暴力団などの反社会勢力に自動車を販売しないとの約款がある広島市内の自動車販売業者に「反社会勢力ではない」などと記載した竹嶋容疑者名義のうその注文書を提出し、乗用車1台(308万円相当)をだまして購入した疑い。

同署は当時、別の自動車販売会社を経営していた吉村容疑者が仲介したとみている。2人は「だまして買ったのではない」と供述しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク



Comment

No title
編集
2018年02月02日(Fri) 02:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL