塩村あやか氏が広教組をバックに挨拶

民進党の地方支部が混乱状態だそうなので、恐る恐る民進党広島県連のホームページを見てみた。すると、何と、広教組の看板の前で塩村あやか氏がしゃべっている。広教組といえば、1999年に起きた世羅高校の校長を自殺に追い込んだとされる組織。そんな組織に加担しているとは驚きだ。


集会の内容とは、

1月5日、【友誼団体等会議&行事】【活動報告】広教組「2018年旗開き」を開催。

1月5日(金)に開催されました広島県教職員組合「2018年旗開き」に森本真治代表・参議院議員、塩村文夏副代表・広島3区が出席しました。(挨拶をする 森本真治代表 参議院議員)(挨拶をする 塩村文夏副代表 広島3区)

さらに1月6日、【友誼団体等会議&行事】【活動報告】「第44回広教組を強くする会総会」を開催。




民進党 広教組




当時の記事の内容を見てみると、

自殺の校長は教組の犠牲者 参院委

広島県高等学校長協会長の岸元学・広島国泰寺高校長が10日の参院予算委員会に参考人として出席し、「自殺した世羅高校の石川敏浩校長は、広島県高教組などでつくる五者協の戦略の犠牲者」などと、君が代斉唱の実施に反対した教職員組合などを批判した・・・。(1999年3月10日 朝日)


世羅校長自殺 参院委1999年3月10日朝日


一言、君が代斉唱が出来ない人は、もう一度生まれ代わってこい!

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告