深夜車2台に追突する事故を起こした男を現行犯逮捕

広島東署は1月21日午前3時40分ごろ、江田島市大柿町大原、無職市川賢也容疑者(20)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、広島市中区南竹屋町の国道2号線で酒を飲んで軽乗用車を運転した疑い。同署によると、信号待ちの軽乗用車に追突し、弾みで別の乗用車にもぶつかる事故を起こして発覚した。追突された軽乗用車の2人が軽いけがをした。市川容疑者は「酒を飲んで運転などしていない」と容疑を否認しているという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL