広島のトラック運転手が福岡で死亡ひき逃げ

1月17日夜、福岡市東区で会社員の女性をひき逃げして死亡させた疑いで、46歳のトラック運転手の男が逮捕された。警察によると、17日夜7時前、福岡市東区箱崎ふ頭で、交差点を自転車で横断していた会社員の女性が大型トラックにひかれた。トラックはそのまま逃走し、女性はその場で死亡が確認された。

警察がひき逃げ事件として捜査していたところ、防犯カメラの映像から走り去ったのは広島県の運送会社が所有するトラックだったことが分かった。その後警察は、箱崎ふ頭内にある待機所でこのトラックと運転手を発見し、18日未明、過失運転致死などの疑いで緊急逮捕した。逮捕された広島市の山本康弘容疑者は「後部から音がしたが、荷台のベニヤ板が倒れたと思った」と容疑を否認しているという。(テレビ西日本)




福岡市東区 自転車事故


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL