府中町で住宅1棟全焼1人の遺体が見つかる

1月15日朝早く、広島県府中町で住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が発見された。15日午前5時40分ごろ、府中町石井城で、沖野益通さん(50)の住宅から「パチパチと音がする」と119番通報があった。消防車8台が出て消火にあたったが、火は沖野さんの木造2階建ての住宅1棟を全焼し、隣接する別の2棟の一部も焼いた。この火事で焼け跡の1階部分から性別の判断がつかない1人の遺体が発見された。住人の沖野さんと現在、連絡がとれておらず、警察は遺体の身元確認を急いでいる。消防は消火活動を続けると共に詳しい出火原因を調べている。(TSS)



府中町石井城 火事

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL