呉のカラオケ店で傷害事件アンド犯人隠避

呉署は1月13日、住所不定、土木作業員青木祐太容疑者(20)を傷害の疑いで、雇い主の呉市焼山北2丁目、解体業上瀬寛仁容疑者(22)を犯人隠避の疑いて、それぞれ逮捕した。

青木容疑者の逮捕容疑は、1月9日午前0時半ごろ、呉市のカラオケ店で口論となった男子大学生(19)を数回殴って鼻骨を折るけがを負わせ、男子専門学生(20)の顔を蹴り、目の下を骨折するけがを負わせた疑い。呉署によると、青木容疑者は当時、酒を飲んでいたという。「よく覚えていない」と供述しているという。

上瀬容疑者の逮捕容疑は、1月9日午前0時半ごろ、青木容疑者を自身の軽乗用車に乗せ、逃走させた疑い。呉署によると「警察官に暴力を振るってはいけないので連れて行っただけだ」と話しているという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL