安佐北区可部で男性2人が刺され1人死亡

1月14日夜遅く、広島市安佐北区の路上で男性2人が男に相次いで刃物で刺され、このうち1人が死亡した。男は逃走したが、警察はその後33歳の男を逮捕した。事件があったのは、広島市安佐北区可部の国道。警察によると14日午後10時15分ころ、歩道にいた20歳の男子大学生が見知らぬ男に突然刃物で背中を刺された。男はさらに、近くにいた安佐北区三入東の座山則男さん(75)の腹を刺して逃走した。

座山さんは搬送先の病院で死亡、男子大学生は軽いけがをした。警察はおよそ1時間半後に現場から14キロ離れたJR広島駅の前で、安佐北区可部の無職・高橋豪容疑者(33)を発見し、殺人などの疑いで緊急逮捕した。取り調べに対し、容疑を認めているという。警察は、事件の詳しいいきさつや動機を調べている。(RCC)


通りすがりの犯行か

広島市安佐北区可部5丁目の路上で男性2人が死傷した事件で、県警によると、座山さんの家族と男子大学生は、高橋容疑者と面識がないと説明しており、たまたま通り掛かったところを襲われたとみられる。現場付近には凶器とみられる刃物が落ちていた。

高橋容疑者は2人を刺した後、知人に犯行をほのめかす電話をかけていたという。現場付近のアパートに住む男子大学生(21)は「この時間帯は人通りが少なく、普段は平穏な場所。まさかこんなことになるなんて」と驚いた様子で話した。(産経)


逮捕の男「何人か殺して自分も死のうと思った」

殺人と殺人未遂の疑いで逮捕された安佐北区可部3丁目の無職、高橋豪容疑者(33)が広島県警の調べに対し、「何人か殺して自分も死のうと思った」と供述していることが分かった。県警によると、死傷した2人は、いずれも帰宅途中でバスを待っているところだった。高橋容疑者と面識はなく「通り魔的犯行」とみている。大学生は背中に痛みを感じ、振り向いたところ、高橋容疑者がいたという。

高橋容疑者は知人に「2人を刺した」と電話。「どこにいるの」と問われ、広島駅と答えたため知人が110番した。現場から駅方面にタクシーで向かったとみられる。高橋容疑者は約1時間半後にJR広島駅で身柄を確保された。(産経)




広島市安佐北区可部5丁目 殺人事件


安佐北区可部 殺人 高橋容疑者
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL