広島拘置所の刑務官が飲食店で客の顔を殴って現行犯逮捕

1月14日未明、広島市の飲食店で、男性客に暴行を加えケガをさせた疑いで広島拘置所の刑務官が現行犯逮捕された。広島拘置所の刑務官大森智容疑者(30)は午前5時ごろ、広島市中区の飲食店で居合わせた男性客(31)の顔を殴るなどしてケガをさせた傷害の疑いがもたれている。店内にいた目撃者からの通報をうけ駆けつけた警察官が現行犯逮捕した。調べに対し大森容疑者は「殴っていない」と容疑を否認している。警察によると、大森容疑者は現場となった店で酒を飲んでいて呼気からはアルコールが検出されている。被害者の男性とは面識がないことから警察は突発的なトラブルがあったとみて捜査している。広島拘置所の西﨑則昭所長は「誠に遺憾です。事実関係が確認でき次第適切に対処致します」とコメントしている。(HOME)




広島市 薬研堀

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告