沖縄基地反対派が手にスマホとビデオカメラ?メディアの都合主義?

沖縄基地反対派の奇妙な写真が中国新聞に掲載されていた。その奇妙なショットとは、まず手前に写っているサングラスの女性だ。この人はなぜスマートフォンを手に持って活動をしているのだろうか。さらに左奥にはビデオカメラで撮影している男性がいる。なぜ反対派は、このようなモノを持って活動しているのだろうか。反対するのに必要なモノなんだろうか。これは明らかな敵対意識のあらわれではないだろうか。

そして中国新聞は、沖縄基地問題の被害者として映し出される反対派の格好の写真を入手したため、掲載したのだろう。新聞しか読まない人は「安倍政権は何とひどい事をしているんだろう・・・」と思うに違いない。

しかし、インターネットの普及により、沖縄基地反対派の実態が暴露されているから、このよな記事を見ても、疑心暗鬼に駆られてしまう。マスメディアとは都合のいい商売だ。


怒号が飛び交っていた。沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設に反対する市民たちと県警機動隊がにらみ合う。座り込んで抵抗する市民を機動隊が抱えて「排除」すると、資材を満載にしたトラックが次々と工事用入り口に吸い込まれた。

辺野古移設に反対する市民は2004年4月、政府による海域のボーリング調査を阻止するため、辺野古漁港周辺で抗議の座り込みを始めた。移設予定海域に隣接するキャンプ・シュワブ前では、工事車両の出入りが本格化した14年7月に座り込みを開始・・・。

「米軍基地は日本全体の問題なのに、ヤマト(本土)では関心が高まらない」。市民団体「ヘリ基地反対協議会」(名護市)の安次富浩共同代表(71)は苦々しそうに話した。(中国)




沖縄ヘリ基地反対協議会


沖縄基地反対派02


メディア

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告