51歳女性が車にひかれて死亡

12月26日夜、広島市佐伯区の県道で女性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡した。26日午後9時15分ごろ、広島市佐伯区坪井の県道で、女性が車道に倒れているのを車で通りかかった人が見つけ、警察に通報した。警察によると、女性は佐伯区五日市中央に住む小澄淳子さん(51)で、病院に運ばれたが、およそ2時間後に死亡した。現場は片側1車線の直線道路で、小澄さんは横断歩道の付近に倒れていて、現場の状況などから南に向かって走っていた車にはねられたとみられる。車はそのまま走り去ったということで、警察はひき逃げ事件として捜査している。(NHK広島)


死亡ひき逃げ事件49歳男を逮捕

26日夜、広島市佐伯区の県道で51歳の女性が車にひき逃げされ死亡した事件で、警察は「人をはねたかもしれない」などと出頭してきた49歳の男をひき逃げなどの疑いで逮捕した。26日午後9時すぎ、広島市佐伯区坪井の県道で、佐伯区五日市中央に住む小澄淳子さん(51)が車道に倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが、頭などを強く打っていておよそ2時間後に死亡した。

警察は、現場の状況などからひき逃げ事件として捜査していたが、およそ20分後に男が「人をはねたかもしれない」と警察に通報したあと出頭し、乗っていた乗用車を調べるなどした結果、事件に関わった疑いがあるとして、27日夜にひき逃げと過失運転致死の疑いで逮捕した。警察によると、逮捕されたのは広島市中区吉島町の自営業、太田勝容疑者(49)で、容疑を認めているという。警察は詳しいいきさつなどを調べることにしている。(NHK広島)



広島市佐伯区坪井 死亡ひき逃げ
関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL