湯崎知事、「広島中央警察署現金盗難事件まだ解決しないの?」

広島中央警察署の金庫から現金8500万円あまりが盗まれた事件は、発覚から7カ月がたった今も解決に至っていない。広島県の湯崎知事は「県警の信頼回復のため1日も早い解決を望む」と述べた。「7カ月あまりが経過したが、まだ犯人が逮捕されていないということは残念に思います」(広島県・湯崎英彦知事)

この事件は5月、広島中央警察署の会計課の金庫から、広域詐欺事件の押収品の現金8572万円が盗まれたことが発覚したもの。警察は、捜査員およそ80人態勢で、署員や詐欺事件の捜査員など500人以上に聞き取りを実施。あわせて中央署や周辺にある防犯カメラの解析や、金融機関への1万件以上の照会などを行ってきたが、事件発覚から7カ月以上たった今も解決に至っていない。湯崎知事は、「県警の信頼を回復するため、1日も早い事件解決を望む」と述べた。(RCC)





広島中央警察署

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告