牛田で住宅火災

12月21日未明、広島市東区で住宅1棟が全焼する火事があった。21日午前1時ごろ、広島市東区牛田本町の住宅で「炎が見える」と近所の人から消防に通報があった。消防車16台が出て消火にあたり、火はおよそ2時間後に消し止められたが、この火事で木造2階建ての住宅1棟が全焼した。

警察によると、この家に1人で住んでいたとみられる50代の男性と連絡が取れなくなっているという。警察や消防は午前10時半から、現場検証を行って火事の原因を調べるとともに、連絡がつかない男性の行方を捜している。

現場はアストラムラインの白島駅からおよそ400メートル北東の住宅が建ち並ぶ地域。広島県では、22日まで空気が乾燥し南部では乾燥注意報も出されていて、気象台では火の取り扱いに注意するよう呼びかけている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ