妻に指を噛まれた夫が金属製の輪で殴る

12月14日、山県署は北広島町中原、パート工員栗栖和明容疑者(67)を傷害の疑いで逮捕した。逮捕容疑は12月10日午後6時半ごろ、自宅で妻(60)の頭や顔を金属製の輪で殴るなどし、約1週間のけがを負わせた疑い。同署によると「手の指をかまれたので殴った」と供述しているという。妻が11日に同署に被害届けを出していた。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ