松井広島市長「核の傘はイリュージョン・錯覚」妄想発言

一時期、広島市役所職員による不祥事が相次いだ時、松井広島市長は、うつ病状態のように顔が病んでいたが、ここに来て、またうつ病が発症したのだろうか。「核の傘は錯覚」という妄想を持っているようだ。

逮捕者46人!広島市職員の不祥事列伝(2004年~2013年)

松井市長が「うつ病」の兆候


広島市の松井一実市長は12月10日、オスロで、核保有国が同盟国に核兵器の抑止力を提供する「核の傘」について「核に守られていると思うのはイリュージョン(錯覚)」と述べ、有効性を否定した。「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」へのノーベル平和賞授賞式に出席後、記者団に語った。

ICANのフィン事務局長、被爆者のサーロー節子さんはこの日行った受賞記念講演で、日本など核の傘の下にある国々を「共犯者」と表現して批判した。長崎市の田上富久市長も記者団に「核が安全を守っていると言い続ける限り、核を手放すことはできない」と指摘した。

田上市長は核保有国や傘の下にある国々について、核兵器禁止条約が発効した場合、締約国会議にまずはオブザーバーとして出席するなど、「できることはたくさんある」と述べた。(時事)

関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL