マツダ社員寮同僚強盗殺人事件で元社員の上川被告に無期懲役の判決

自動車メーカー「マツダ」の広島市の社員寮で、同僚の19歳の男性を殺害し、現金を奪ったとして、強盗殺人の罪に問われた元社員の男に広島地方裁判所は「若くして将来を絶たれた被害者の無念さは計り知れず、身勝手な犯行に酌量の余地はない」などとして、無期懲役の判決を言い渡した。

「マツダ」の元社員、上川傑被告(21)は16年9月、広島市南区にある社員寮の非常階段で、同じ寮に住む菅野恭平さん(当時19)の頭を消火器で殴るなどして殺害し、現金およそ120万円を奪ったとして強盗殺人の罪に問われた。

裁判で検察は無期懲役を求刑したのに対し、弁護側は「突発的な犯行で殺意はなく、現金を奪うつもりもなかった」などとして、傷害致死と窃盗の罪にとどまり、有期刑が相当だと主張した。

11月6日の判決で、広島地方裁判所の丹羽芳徳裁判長は「被害者の傷の状況などから殺意があったと認められる。また、事件当日、被告が何らかの話を持ちかけて被害者が現金を引き出したと考えられ、暴行する時点で現金を奪う意図はあった」などと指摘し、強盗殺人の罪を認めた。

そのうえで「若くして将来を絶たれた被害者の無念さは計り知れず、身勝手な犯行に酌量の余地はない。不自然な弁解を繰り返すなど、罪に向き合っているとは言えない」などとして無期懲役を言い渡した。判決を受け、被告の弁護士は「本人と相談したうえで控訴するか決めたい」と話した。

判決について被害者の両親は、代理人の弁護士を通じてコメントを発表した。この中で両親は「強盗殺人が認められたことは満足していますが、裁判では息子や被告がどのような人生を歩んできたのかなどが全く触れられないまま審理が行われたので、しっかり判断してもらっていないのではないかと思います。また、強盗殺人を犯せば死刑になるという社会になってほしいと思います」としている。(NHK広島)


マツダ社員殺害事件で同寮の男を逮捕


マツダ社員寮殺人犯 上川被告
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告