大竹市立玖波中学校の教師が駅の階段でしゃがんでスカートの中を覗いて逮捕される

大竹市の中学校に勤める23歳の教諭が、11月5日朝、広島市南区にある駅の階段で女子高校生のスカートの中をのぞき見たとして、県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、大竹市立玖波中学校の教諭で、府中町に住む大年令央斗容疑者(23)。

警察によると、大年教諭は5日午前6時半ごろ、広島市南区にあるJR天神川駅で階段を上っていた18歳の女子高校生のスカートの中を後ろからしゃがんでのぞき見たとして、県の迷惑防止条例違反の疑いがもたれている。目撃した人が駅員に知らせて大年教諭を事務所に連れて行き、駆けつけた警察官が逮捕した。

警察によると、「制服を着た女の子のスカートの中をのぞき見たことに間違いありません」と容疑を認めているという。大年教諭は中学校に通勤する途中だったということで、警察が詳しい状況を調べている。(NHK広島)




大年容疑者 天神川駅 のぞき
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告