介護事業所「なごみ」不正受給1700万円で指定取り消し

11月29日、広島県はファンベックス(広島市南区)が運営する通所介護事業所「なごみ」(広島市海田町)について、11月30日付で介護保険法に基づく居宅サービス事業者の指定を取り消すと発表した。3年以上にわたって必要な人員を配置せず、介護報酬約1700万円を不正受給していた。

県によると、同事業者は2013年12月に指定を受けた。17年3月の県の実地指導で、開所当時から必要な生活相談員や看護職員、介護職員を配置していなかっとことが分かった。職員の出勤簿などを偽造して県に提出していた。

また、14年1月〜11月と15年2月〜17年2月、人員が欠けた場合は介護報酬を減算しなければならないのに満額を請求し、通所者がいた7市町から計約1700万円を不正に受け取った。県地域福祉課は「出勤簿を偽造するなど悪質」としている。「なごみ」は17年5月から休止中。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告