太田川で6歳の子供が溺れて死亡

11月27日午後5時すぎ、広島市西区の太田川で6歳の男の子が溺れているのが見つかり、病院に搬送されたが、死亡が確認された。27日午後5時すぎ、広島市西区大宮を流れる太田川放水路で「人のようなものが浮いている」と警察に通報があった。警察と消防によると、6歳の男の子が溺れているのが見つかり、駆けつけた警察官が引き上げたという。

男の子は心肺停止の状態で広島市内の病院に搬送され、その後、死亡が確認された。男の子が見つかったのは、JR横川駅から2キロほど北にある住宅街の近くを流れる太田川放水路で、川幅はおよそ130メートル。男の子は母親と一緒にいたところ、はぐれたとみられるということで、警察が詳しい状況を調べている。(NHK広島)



広島市 6歳児童溺死

関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL