2011年3月24日は芸予地震から10年

2001年3月24日午後3時頃、安芸灘を震源とする震度6弱、マグニチュード6.7が襲った。内閣府の資料によると、最も揺れた地域は、河内町、大崎町、熊野町だったが、津波の影響はなかった。広島県内の人的被害は、死者1人、負傷者193人。住宅被害は、全壊65棟、半壊688棟、火災は4件。

広島で大きな地震による災害が起きたということを聞いた事がない。瀬戸内海に面した地形も幸いしてなのか、津波もない。たまに地震があると「山が怒っとる」などと言う人もいるくらい呑気なところである。もしかしたら、これが広島の良いところなのかも知れない。


芸予地震

芸予地震 呉

広島断層


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL