呉のコンビニで強盗10万円奪って逃走

11月25日未明、呉市のコンビニエンスストアに包丁を持った男が押し入り、現金およそ10万円を奪って逃走した。25日午前3時40分ごろ、呉市広大新開2丁目にある「セブンイレブン呉市大新開店」に包丁を持った男が押し入り、50代の女性店員に「金を出せ」などと脅してレジを開けさせ、現金およそ10万円とタバコ数箱を奪って逃走した。店員にけがはなく、当時、店内に客は居なかった。

警察によると、逃げた男は30代から40代ぐらいで、身長が1メートル60センチから1メートル70センチぐらいの中肉で、髪は黒色で短かったという。また、灰色の長袖シャツの上に黒色の半袖シャツを身につけ、黒色のズボンと白色の靴を履き、サングラスをかけていたという。

男は店から北の方向に走って逃げたということで、警察は強盗事件として、行方を捜査している。現場は、JR呉線の広駅から北西におよそ900メートル離れた国道375号線沿いの店。(NHK広島)




呉市 コンビニ強盗
関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ