府中町のアパートで火事、焼け跡から遺体が見つかる

11月25日午前0時ごろ、府中町のアパートで火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。25日午前0時ごろ府中町鶴江1丁目で、「アパートの窓から火が出ている」と近くに住む男性から消防に通報があった。消防車3台が出て消火にあたり、火はおよそ3時間後に消し止められたが、2階建てのアパートの1室およそ20平方メートルが焼け、焼け跡から1人の遺体がみつかった。

警察によると、火事のあと、この部屋に住む羽場哲哉さんと連絡が取れなくなっているという。羽場さんは50歳代で、警察は身元の確認を進めるとともに、火事の詳しい原因を調べている。現場は、JR芸備線の矢賀駅からおよそ600メートル東にある住宅が建ち並んでいる地域。(NHK広島)




府中町 アパート火事
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告