「あおり運転」通報急増!広島県内の高速道路

広島県内の高速道路で、「あおり運転」など危険な走行をする車の通報が、広島県警に相次いでいるという。10月は90件と、26件だった9月の約3.5倍。県警は、神奈川県の東名高速道路であおり運転の末、夫婦を事故死させたとして男が10月10日に逮捕されて以降、危険な運転に対する社会的関心が高まったことが急増の要因とみている。

県警高速道警察隊によると、通報は「後ろから車間距離を詰められ、ライトをパッシングされた」「急に前に割り込まれた」といった内容が目立つ。走行中やサービスエリアに入った車のほか、そばを通りかかった車のドライバーや同乗者からの通報で助けを求められるケースもあるという。

1~9月の通報は15~30件。高速隊は通報があると、あおり運転をされた車のドライブレコーダーの映像などを基に相手の車を探し、運転手に危険な運転をしないよう指導する。より悪質な場合やパトロール中に見つけた場合は、道交法違反(車間距離不保持)などの疑いで摘発する。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告