安芸区役所の職員が児童扶養手当などの申請書処理できず

安芸区役所の職員が、児童扶養手当などの申請書を処理しなかったため、あわせて250万円以上の支払いが遅れていたことが分かった。安芸区役所によると、保健福祉課の職員が2011年からの6年間、児童扶養手当などの申請書66件を紛失したり処理せずに放置していた。これにより、64世帯に支払われるはずの、あわせて250万円以上が最大で3年遅れたという。この職員は「全ては覚えていないが 一人で抱え込んでいた」などと話しているという。広島市ではこの職員の処分を検討している。(HOME)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告