ヒロシマのヒロシが乾燥大麻600万円相当を所持

福山市のアパートで乾燥大麻などが見つかった。 県警によると、末端価格は600万円にものぼるとみられ、押収量も過去3年間で最多という。ブラジル国籍の19歳の少年と、カザハヤ・カルヴィン・ヒロシ容疑者(25)は営利目的で乾燥大麻1瓶を所持した疑い。 県警によると、押収されたのは乾燥大麻や大麻とみられる植物など1kg以上で、全て大麻の場合末端価格は600万円に上るとみられている。11月1日に2人が乗った車を交通違反で調べた際、少年が吸いかけの大麻を所持していたことから14日に自宅を捜索したという。 調べに対し2人は 「家にあったものは大麻ではない」と 容疑を否認している。(HOME)




福山市 大麻 ヒロシ

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告