三次市でJアラート8000カ所作動せず

全国の自治体などで一斉に行われたJアラート全国瞬時警報システムの伝達訓練で、三次市に設置された端末の一部が作動しなかったことが分かった。Jアラートはミサイル発射などの緊急時に国から自治体に情報を送信し、防災行政無線などを通じて住民に情報を伝えるシステム。 県によると、11月14日午前11時に全国一斉でテスト送信されたが、三次市内の集会所など 約8000カ所に設置されている 「音声告知端末」から音が出なかったという。三次市では早急に原因を究明し、有事に備えたいとしている。(HOME)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告