「国歌斉唱の起立要求は人権侵害?」京都のアンポンタン国家転覆反逆町議が人権救済?

来賓として出席した小中学校の入学式や卒業式の国歌斉唱で、これまで起立してこなかった京都府井手町の谷田操議員(59)が11月13日、校長から起立を求められるなどしたことで人権や表現の自由などを侵害されたとして、京都弁護士会に人権救済の申し立てを行った。

申立書などによると、谷田議員は平成25年4月以降、来賓として出席した小中学校の国歌斉唱の際に起立していなかった。17年9月の町議会で別の議員がこうした行為を指摘し、松田定教育長が「児童生徒への悪影響を懸念している」などと述べた。

これを受け、10月24日に小学校と中学校の各校長らが谷田議員と面談。今後の入学式や卒義式について、「起立すると回答しなければ来賓として招待しない」と説明したという。

谷田議員は記者会見で「もし入学式や卒業式に出席できなければ町議としての活動を怠っているとみなされ、不利益となる」と主張。小学校の校長は取材に「学校行事の責任者として国歌斉唱の際の起立をお願いしただけで、人権などは侵害していない」としている。(産経)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告