東区役所の警備員が爆破予告

東区役所への爆破予告をしたとして、その区役所の警備員が逮捕された。逮捕されたのは、広島市東区役所の警備員浜井善弘容疑者(58)。警察によると、浜井容疑者は10月10日と11日、東区役所市民部に「10月13日までの間の執務時間外に爆破するように、時限爆弾をセットする」などと、あわせて2回電話をかけ、4日間にわたり区役所職員などに爆発物を探させ、区役所の業務を妨害した疑いがもたれている。不審物はみつかっておらず、通話履歴の解析などから、浜井容疑者が割り出されたという。取り調べに対し容疑を認めているという。浜井容疑者は東区役所の駐車場を担当する警備員で警察が事件に至ったいきさつを調べている。(RCC、HOME)




東区役所 爆破予告 警備員
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告