ひろしま国際平和マラソンで軟弱な広島38歳男性が死亡

11月3日、広島市西区で行われた第37回ひろしま国際平和マラソンで、チャレンジコース(約10キロ)に出場した広島市安芸郡の男性(38)がレース中に倒れ亡くなった。実行委員会によると、男性は午前11時20分にスタート。午後0時10分ごろ、スタートから7.5キロ付近となる西区扇のコース上で倒れ、意識を失った。病院に緊急搬送されたが、死亡が確認された。(中国)
関連記事

Comment

No title
編集
記事の出典はどこですか(タイトル含め)?
誤字無く引用されていますか?
ご教示ください。
2017年11月07日(Tue) 17:48
非礼を通り越していませんか?
編集
http://hiroshimastyle.com/blog-entry-3547.html

の記事について、亡くなった方に対してのタイトルが非礼ではありませんか?
この記事を見て、故人のご家族、ご友人はどう思われるでしょうか?
人の死は軟弱であろうが無かろうが本人の意志とは別の理由で訪れます。
記事を書いた方、掲載を許した方は何があっても死なない身体と言い切れますか?
それとも自らの死を軟弱だったから、と言われても何も思いませんか?
2017年11月07日(Tue) 10:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告