医者が飲酒運転で当て逃げ現行犯逮捕

10月27日夜、酒気帯び運転で広島市南区に住む医師の男が現行犯逮捕された。男は当て逃げ事故を起こし、そのまま逃走していたという。酒気帯び運転で現行犯逮捕されたのは、広島市南区の医師・河口洋介容疑者。警察によると、河口容疑者は27日午後11時20分ごろ、広島市南区的場町の市道でタクシーに追突する事故を起こし、そのまま逃走。およそ20分後、警察官が安佐南区大町東で河口容疑者の車を発見し、呼気1リットルあたりで基準値のおよそ3倍となるアルコールを検出したため、酒気帯び運転で現行犯逮捕した。河口容疑者は、「間違いない」と容疑を認めているという。(TSS)

関連記事

Comment

No title
編集
埼玉医科大では、お金で学歴と医師の免許は買えても、
人間性までは買うことができなかったんだねえ。
http://www.k-salad.com/search/hospital/inagaki-naika.jp.shtml
2017年10月29日(Sun) 09:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告