タイヤ落下で親子が死亡・運送会社「ムロオ」営業所を捜索

岡山県の中国自動車道で落ちていたタイヤに乗り上げたトレーラーが横転し、路肩に避難していた親子2人が巻き込まれて死亡した事故で、落ちていたのは広島県に本社がある運送会社「ムロオ」のトラックのスペアタイヤだったという。

10月18日、岡山県津山市の中国自動車道で落ちていたタイヤに乗り上げて車が動かなくなったため、路肩に避難していた広島市安芸区の中村美香さん(49)と長女で、大学4年生の亜美さん(21)が同じタイヤに乗り上げて横転した大型トレーラーにはねられて死亡した。

警察のこれまでの調べで、事故の前に現場を通過した車両の中からスペアタイヤがなくなっていた大型トラックが見つかっていたが、捜査関係者によると、このトラックは広島県に本社がある運送会社「ムロオ」の松江市にある営業所が使用し、落ちていたのはこのトラックのスペアタイヤとわかったという。

警察はトラックが事故を引き起こした過失運転致死傷の疑いがあるとして点検や整備の実態を調べるため、27日までに関係先としてこの営業所を捜索したという。

捜索を受けたことについて「ムロオ」は、「捜査中のためコメントできません」としている。警察の調べに対しトラックの運転手は「スペアタイヤが無くなっていたことには気付かなかった」と話しているということで、警察は引き続き運転手から話を聞くなど調べを進めている。(NHK広島)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告