東京の調布で恐喝容疑で指名手配中の男が見つかり逮捕

10月18日、広島西署は恐喝容疑で指名手配していた住所不詳、自称建設作業員の三宅義行容疑者(41)を逮捕した。逮捕容疑は2人と共謀。2011年5月2日、広島市南区のビルで貸した金を取り立てるため自営業男性(42)を「金が払えないなら持っているものを全部出せ」などと脅して現金1万円、携帯電話や財布など3点(計2万円相当)を脅し取り、さらに髪をつかんで頭を壁に打ち付けるなどして「金が用意できないのなら車を渡せ」などと言って乗用車1台(150万円相当)を脅し取った疑い。「はっきり覚えていません」と供述しているという。東京都調布市内で調布署員が18日、三宅容疑者を見つけた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL