奈良の女性の死体を呉の住宅に遺棄した男を逮捕

広島県呉市の住宅に遺体を遺棄した疑いで37歳の男が逮捕された。警察は遺棄された遺体が男の顔見知りの奈良県の女性とみて調べている。奈良県警によると、10月5日、奈良県内に住む30代の女性の行方が分からなくなっていると女性の親族から届けがあった。

警察の捜査で、女性は4日午前、奈良県大和郡山市の路上で顔見知りだった広島県福山市の会社員・染井俊一容疑者と会っていたことが分かった。染井容疑者が、呉市にある親族の家に遺体があると自供したため、広島県呉市倉橋島の住宅を調べたところ、遺体が見つかったため、奈良県警は12日未明、染井容疑者を死体遺棄の疑いで緊急逮捕した。

染井容疑者は「死体を遺棄したのは間違いない」と容疑を認めているという。警察は遺体が奈良県の女性とみて身元の確認を急ぐとともに、染井容疑者との間で何があったのか事件の経緯を調べている。(HOME)


飲食店の店長と店員の関係

呉市倉橋町の空き家で女性の遺体が見つかった事件で、逮捕された男が女性の殺害についてほのめかしているという。福山市の飲食店店長染井俊一容疑者(37)は10月4日から11日までの間に呉市倉橋町にある親族の家に、女性の遺体を遺棄した疑いがもたれている。解剖の結果、遺体は染井容疑者の知人で飲食店店員の田島友美さん(35)と判明した。染井容疑者と田島さんは、かつて奈良県の飲食店で店長と店員の関係だったことがあり、行方不明になる前日に会っていたという。染井容疑者は容疑を認めていて、捜査関係者によると、田島さんの殺害をほのめかす供述をしているという。警察は男女間のトラブルがあったとみて殺人の疑いも視野に捜査している。(HOME)



呉市倉橋島 遺体遺棄3


染井容疑者


奈良から広島へ遺体運んだか

広島県の空き家で女性の遺体が見つかった事件で、逮捕された男が奈良県から広島県まで、車で女性の遺体を運んでいたことが分かった。会社員の染井俊一被告(37)は、10月、広島県呉市の親族の家の床下に、友人の田島友美さん(35)の遺体を遺棄した罪で、11月2日、奈良地検に起訴された。起訴状などによると、染井被告は10月、奈良県大和郡山市から広島県呉市まで、自分の車で遺体を運んだとされている。2人は奈良県の飲食店で働いていた時の店長と店員の関係で、田島さんが行方不明になる直前にも会っていたことが分かっている。警察は、2人の間にトラブルがあったとみていて、染井被告を近く殺人の疑いで再逮捕する方針。(朝日)



染井容疑者
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告