大麻草密輸で逮捕された広島の女子大生が自宅で乾燥大麻を吸引していた

海外から広島空港に帰国した21歳の女子大学生が、大麻草およそ1グラムをスーツケースに隠して密輸したとして逮捕された事件で、警察が自宅を捜索したところ、吸引用のパイプに入った乾燥大麻が見つかり、大麻取締法違反の疑いで再逮捕された。再逮捕されたのは、広島市中区に住む女子大学生、頼實莉沙容疑者(21)。頼實容疑者は9月19日に中国の上海から航空機で広島空港に帰国した際、大麻草およそ1グラム、およそ6000円分をスーツケースの中に隠して密輸したとして逮捕された。

その後、9月27日に警察が自宅を捜索したところ、吸引用のパイプに入った乾燥大麻およそ0.15グラムが見つかったことから、10月10日、大麻取締法違反の疑いで再逮捕した。調べに対し「間違いない」と容疑を認めているという。警察は入手ルートなどを捜査している。一方、広島空港に帰国した際、スーツケースから見つかった大麻草については「ヨーロッパへの旅行中に購入したが、隠して持ち込もうとしたわけではない」などと供述し、密輸の容疑を否認しているという。(NHK広島)

広島の女子大生が大麻草を密輸して逮捕


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告