酒飲んで深夜に道路をふらついた安芸高田市の男が車にはねられ死亡

10月3日未明、安芸高田市の国道54号線で道路上にいた56歳の男性が乗用車にはねられて死亡した。3日午前0時35分ごろ、安芸高田市吉田町の国道54号線で近くに住む村川和司さん(56歳)が乗用車にはねられた。この事故で村川さんは市内の病院に搬送されたが胸を強く打っていてまもなく死亡した。

警察によると、現場は片側1車線の道路で事故当時は雨が降っていたということで、乗用車を運転していた会社員の坂川栄次さん(42歳)は「気付いた時にはぶつかっていた」などと話しているという。亡くなった村川さんは事故直前まで自宅で酒を飲んでいたということで、警察は詳しい事故の原因を調べている。(NHK広島)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告