福山の公民館がまたしても荒らされる

10月1日、福山市の公民館の事務室に何者かが侵入し、パソコンなどが盗まれていたことが分かった。1日午前、福山市水呑町の芦田川で「瀬戸公民館と書かれたゴム印が浮いている」と市民から警察に通報があった。

警察から連絡を受けて市の職員が調べたところ、福山市瀬戸町の瀬戸公民館で1階の窓ガラスが割られ、事務室が荒らされているのが見つかった。警察が調べた結果、事務室にあったパソコンとシュレッダー、それに市長印などが入った印鑑箱3つのほか、預金通帳7冊が盗まれていたという。

市によると、預金通帳には地域の団体のものも含まれているが、現金が引き出された形跡はなかったという。また、盗まれたパソコンに個人情報などは入っていないという。公民館には職員が施錠して出た30日昼すぎ以降、誰も出入りしていないということで、警察は30日午後から1日午前にかけて、何者かが窓ガラスを割って侵入したとみて調べている。

福山市内で公民館から現金などが盗まれる事件は今年8月以降、5件目で、警察は窓ガラスが割られるなど手口が似ていることなどから、同一犯の疑いもあるとみて捜査している。(NHK広島)




福山市 瀬戸公民館
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告