北広島町の職員がカープの試合観戦後飲酒運転で逮捕

北広島町の48歳の職員が、酒を飲んで車を運転したとして酒気帯び運転の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、北広島町の職員、沖田浩二容疑者(48)。

警察によると、9月28日の午後10時40分ごろ、広島市安佐南区八木の国道54号の交差点で、停止中の軽乗用車に乗用車が追突し、乗用車はそのまま走り去った。軽乗用車に乗っていた40代の夫婦は、いずれも首の痛みを訴えているという。

通報を受けた警察官が、現場から5キロほど離れた場所で前の部分が壊れた乗用車が走っているのを見つけ、運転していた沖田職員から基準の2倍のアルコールが検出されたことから、酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕した。

警察によると、沖田職員は28日の夜にマツダスタジアムでカープの試合を観戦して帰宅する途中だったということで、調べに対し、「球場で酒を飲み、帰宅するために車を運転した。酒を飲んだ状態で事故を起こしたので逃げた」と供述しているという。

警察は、飲酒の状況などを調べるとともに、事故を起こして逃げていたとみて詳しい状況を捜査している。(NHK広島)




北広島町職員飲酒運転

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告