ソニー生命福山支社の元社員が架空商品販売で詐欺行為

生命保険会社「ソニー生命」の福山支社に勤務していた元社員が、架空の商品への加入を持ちかけ、複数の顧客から現金をだまし取っていたことが会社の調査で分かった。ソニー生命によると、福山市にある福山支社に勤務していた52歳の営業担当の元社員が、複数の顧客に架空の個人年金保険などへの加入を持ちかけ、現金をだまし取っていたという。

元社員は今年7月に自主退職していて、担当者の変更を通知する文書を受け取った顧客からの問い合わせで不正が発覚したという。内部の調査に対し、元社員は現金をだまし取ったことを認めているということで、ソニー生命では被害の全容について調査を進め、警察への告発も検討するとしている。

ソニー生命では、今年7月にも香川県の高松支社に勤務していた社員が、同様の手口で6人の顧客からあわせて1億3500万円あまりをだまし取っていたことが会社の調査で明らかになっている。

ソニー生命は、保険料の支払いは現金ではなく振り込みで行うようにしているということで、契約者に対して文書を送り、不審な点があれば連絡するよう呼びかけている。(NHK広島)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告