紛失したスマホを衛星利用測位システム(GPS)を利用して自衛官を特定

9月19日、広島東署は広島市安芸区矢野町、陸上自衛隊海田市駐屯地の陸上自衛官藤井郁成容疑者(25)を遺失物横領の疑いで逮捕した。逮捕容疑は6月3日深夜から6月4日未明までの間、広島市中区のアリスガーデンか、その周辺で自営業男性(23)が落としたスマートフォン1台(2万8千円相当)を持ち去り、着服した疑い。同署によると、男性がスマホの衛星利用測位システム(GPS)機能を使ったところ、同駐屯地付近を示し、藤井容疑者の特定につながったという。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告