アストラムライン伴駅西交差点で乗用車が家族3人をはねる

9月14日朝、広島市の国道の交差点で、2歳の女の子を抱いていた母親と祖母が乗用車にはねられた。女の子が大けがをし母親と祖母も軽傷を負っているという。事故があったのは、広島市安佐南区のアストラムライン伴駅西交差点。警察によると、午前8時半ごろ、交差点を右折しようとした乗用車が、横断歩道を歩いていた2歳の女の子を抱いた母親と祖母をはねた。

事故の衝撃で、女の子は数メートル投げ出され、へリコプターで広島市の病院に運ばれたが頭を強く打つなどの大けがだという。母親と祖母も病院に運ばれ、いずれも軽傷だという。現場の信号は、歩行者用と車両用いずれも青だったという。警察は、乗用車を運転していた40代の女性が右折する際に注意を怠ったとみて、事故の原因を詳しく調べている。(RCC)



アストラムライン 交差点事故

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告