モデルガンとサバイバルナイフで女子生徒をわいせつ目的でレイプしようとした広島の仮面教頭

広島県警安佐北署は2月27日、路上で中学2年の女子生徒(14)に拳銃のようなものを突きつけ、車で連れ去ろうとしたとして、わいせつ目的略取未遂の疑いで同県安芸太田町立修道小学校の教頭吉原一彦容疑者(53)=広島市安佐北区亀山5丁目=を逮捕した。逮捕容疑は27日午後0時45分頃、広島市安佐北区安佐町の路上で、自転車で帰宅中の女子生徒に拳銃のようなものを突きつけ「殺すぞ、(車に)乗れ」などと脅し、連れ去ろうとした疑い。同署によると、吉原容疑者は「女の子を車に乗せて乱暴しようと思った」と容疑を認めている。近くに住む男性が目撃し、女子生徒は隙を見て逃げた。逃走した吉原容疑者を男性が車で約9キロ追いかけ身柄を確保し、同署に引き渡した。安芸太田町教育委員会によると、吉原容疑者は教師歴約25年。2009年4月から修道小で教頭を務め、27日は休みだった。(共同通信)



安佐町.



安芸太田町立修道小学校


安芸太田町立修道小学校 吉原1

安芸太田町立修道小学校 吉原教頭2


仮面をかぶり続けた吉原教頭(直近では仮面はほぼ完璧な状態に仕上がっていたのだが)
 

吉原教頭3



吉原教頭


    

【逮捕された吉原教頭の車にはナイフもあった】

3月1日、広島市の中学2年女子生徒(14)の連れ去り未遂事件で、わいせつ目的略取未遂の疑いで逮捕された広島県安芸太田町立修道小学校の教頭、吉原一彦容疑者(53)の車内からサバイバルナイフが見つかっていた。同署は犯行の計画性を裏付けるものとみて調べる。捜査関係者によると「少女に興味があった。たまたま通り掛かってやった」との趣旨の供述をし、計画性は否認しているという。また、自宅からはわいせつ雑誌などが複数見つかったという。女子生徒を連れ去ろうとした際、突き付けたのはモデルガンだったことも新たに判明。(産経ニュース)



こうなると、あの未解決事件への関連を捜査せずにはいられないだろう。マニアは別として、一般人はモデルガンやサバイバルナイフなど持たないものだ。ましてや教師が持つはずなどないと思われる。が昔、化学の教師が授業中に冷やかしで、「このクロロホルムをガーゼに染み込ませて女の人の口に当てて吸わせれば、コロっと眠らせることが出来たりするんだ・・」と何気に言っていた。また、教師の実家が農家であるケースは多い。その家にはあまり見たこともないような農機具というか伐採器具にお目にかかることができたりする。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL