入院中の男が入院患者を暴行して死亡させる

広島市内の病院で、入院中の男が入院患者に暴行し死亡させた疑いで逮捕された。香川恭広容疑者(55)は8月12日未明、安佐南区の病院で入院していた伊藤勝行さん(当時79歳)の顔や胸を数回蹴るなどして死亡させた疑い。警察によると、職員が伊藤さんが容疑者の病室で倒れているのを発見。伊藤さんは翌日、死亡した。警察の調べに「別室の人が部屋に入ってきたので外に出そうとやった」と話しているという。(HOME)




安佐南区八木 入院者トラブル
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告