祖母を包丁で刺して殺そうとした東広島の18歳少年会社員を逮捕

9月13日朝、東広島市のアパートの室内で、同居する68歳の祖母の胸や頭などを包丁で刺したとして、18歳の少年が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは東広島市に住む18歳の会社員の少年。警察によると少年は13日朝7時45分ごろ、東広島市のアパートの室内で、同居する68歳の祖母の胸や頭など数カ所を包丁で刺したとして殺人未遂の疑いが持たれている。

事件を目撃した少年の母親から警察に通報があり、警察官が現場に駆けつけたところ、祖母が血を流して倒れていて、少年が容疑を認めたことなどからその場で逮捕したという。祖母は東広島市内の病院で治療を受けていて、意識はあるという。

警察によると少年は「日頃から祖母に不満があった。殺そうと思って刺したことは間違いない」などと供述しているという。警察は事件の詳しいいきさつや動機を調べている。(NHK広島)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告