交差点で高3女子生徒がワゴン車にはねられ意識不明の重体

9月11日、広島市中区の交差点で横断歩道付近を渡っていた高校3年の女子生徒がワゴン車にはねられた。女子高校生は意識不明の重体。11日午後10時半ごろ、中区鶴見町の交差点で横断歩道付近を渡っていた女子高校生(17)がワゴン車にはねられた。女子高校生は頭などを強く打ち意識不明の重体。警察はワゴン車を運転していた鈴木貴雄容疑者(43)を 過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。鈴木容疑者は「歩行者をはねてけがをさせたことは間違いない」と容疑を認めているという。現場の交差点に信号機はあるが、当時、車両用の信号は黄色点滅で、歩行者用は消えていた。警察が事故の詳しい状況を調べている。(HOME)



中区鶴見町 事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告