コンビニのトイレに置き忘れた財布を盗んだ会社員を逮捕

9月6日、海田署は熊野町萩原7丁目、会社員大橋徹容疑者(25)を窃盗の疑いで逮捕した。逮捕容疑は7月15日午後9時45分ごろ、広島市安芸区矢野西のコンビニで現金21万円などが入った財布(5万円相当)を盗んだ疑い。同署によると、来店した広島市内の自営業男性(45)がトイレに置き忘れていたという。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告