体長1メートルの土佐犬が安佐北区で脱走

9月4日午前、広島市安佐北区の資材置き場で、飼っていた土佐犬1頭がいなくなっているのが分かったという。人に危害を加える恐れがあるとして、警察が行方を捜している。逃げたのは、安佐北区安佐町久地にある土木建築会社の資材置き場で飼っていた土佐犬。警察によると、4日午前10時半ごろ、飼っていた3頭のうち1頭が、リードの先につながれていたワイヤーロープを食いちぎって居なくなっていることに、飼い主である社長の家族が気付いた。

届出を受けた警察は、およそ30人態勢で付近の団地などを中心に捜索を続けているが、いまだ発見には至っていない。逃げた土佐犬は、体長1メートル、体重およそ40キロの茶色のオスで、赤茶色の首輪に1メートルほどの長さの白いリードが繋がったままだという。警察は、人に危害を加える恐れがあるとして注意を呼び掛けている。また、近くにある小学校では、児童が下校する際に警察官による見回りが行われた。(RCC)



安佐北区久地 土佐犬
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告