呉の四ツ道路交差点でトラックが84歳男性をはねる

9月2日朝早く呉市の国道交差点で、横断歩道を渡っていた84歳の男性がトラックにはねられ死亡した。事故があったのは、呉市本通2丁目の国道185号「四ツ道路交差点」。警察によると午前5時半ごろ、交差点に進入してきた41歳の男性が運転するトラックが、横断歩道を歩いて渡っていた呉市宮原3丁目に住む84歳の渡辺宏さんをはねた。渡辺さんは頭を強く打ち、およそ1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。現場は信号機のある交差点で、警察が事故の原因を詳しく調べている。(RCC)




呉市衝突事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告